店外看板CHANCE

沖縄のホール数とホール企業

投稿日:

2016年10月現在における沖縄県内のパチンコホールの数は、一般社団法人遊技産業健全化推進機構ホームページの「機構の趣旨に賛同したホールの紹介」に掲載されているのが82店舗、沖縄県遊技業協同組合ホームページの「組合加盟店の一覧」では81店舗、パチンコ店のポータルサイト「P‐WORLD」に店舗ページを設ける店舗数では78店舗となっています。このうちパチスロ専門店は、金武町『ステーション金武』と石垣市『ピータイム石垣店』の2店舗のみ。ほかはすべて、パチンコ・パチスロ併設店です。

沖縄県内で最多の店舗数を擁するホールグループは、オータグループの26店舗で、県内ホールの約3割を占めています。オータグループの内訳は、屋号では『ジャンボ』と『サンシャイン』のジャンボ・サンシャイングループの21店舗と、『J・Park』のJ・Parkグループ5店舗です。経営企業では、ジャンボ・サンシャイングループが株式会社サンシャイン(本社・宜野湾市)、J・Parkグループが株式会社J・Park(本社・うるま市)となっています。オータグループでは沖縄県内のほかに、グループ会社の株式会社オータ(本社・東京都新宿区)が東京都、宮城県、群馬県、神奈川県、埼玉県、愛知県で計16店舗を展開しています。

次に沖縄県内で店舗数が多いのが、ピータイム(P‐time)グループ・株式会社ピータイム(本社・那覇市)の12店舗。屋号は『ピータイム(P‐time)』です。同グループは、本島以外の離島に石垣島2店舗、宮古島2店舗、久米島1店舗と多く展開しているという特徴があります。店舗の展開は沖縄県内のみです。 Eスペースグループ(イースペース株式会社)の11店舗で、屋号には『イースペース(Eスペース)』、『ラッキー』、『ファラオ』、『ルクソール』があります。同グループの系列店は沖縄県以外では、埼玉県、福岡県、熊本県にあります。以上3社が10店舗以上を展開する大手ホール企業となります。この3グループのみで、沖縄県全体のホール数の役6割を占めています。 10店舗以下の中堅ホール企業としては、『アムズ(AMZ)ガーデン』と『夢屋』のアムズガーデングループ(アール・ケイ・アミューズメント株式会社、有限会社モリ、株式会社ヒューネッツ)が6店舗を展開。同グループの店舗は沖縄県以外に宮城県と福島県にあります。 県内に数店舗を展開するホール企業には、『M‘s』の屋号で那覇市内に3店舗を営業する三州観光開発株式会社、『マルシン』の屋号で3店舗展開の有限会社丸真産業、『名宝』『はなまる』の屋号で3店舗を展開する名豊観光株式会社などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × five =